長崎県佐世保市の救急告示病院 杏林病院|診療科のご案内:皮膚科

杏林病院〜長崎県佐世保市杏林病院へのお問い合わせ
  • 病院のご案内
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科のご案内
  • 医療設備のご案内
診療科のご案内:皮膚科
当院について 交通アクセス
杏林病院 診療時間(受付時間)
内科 整形外科 外科 放射線科
泌尿器科 理学診療科 血液透析

皮膚科

皮膚科 当院では最新の医療を取り入れた皮膚科診療を心がけています。また患者様およびそのご家族の希望を尊重し、診療しています。ご希望に応じて責任を持って長崎大学病院、長崎市立市民病院、長崎医療センター、佐世保市立総合病院へご紹介致します。
また、当院では当院の基本理念「医療活動を通じて地域社会に貢献」できるような診療を心がけています。小さいお子様からご高齢の方まで、皮膚の問題を抱えている方は何でもお気軽にご相談ください。

対象疾患

皮膚疾患全般において診療を行っております。
・アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)、虫刺症(虫刺され)
・尋常性乾癬、掌蹠膿疱症
・尋常性天疱瘡、落葉伏天疱瘡、水疱性類天疱瘡
・膠原病(全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、混合性結合組織病
・伝染性膿痴疹(とびひ)
・蕁麻疹、アナフィラキシーショック
・痤瘡(にきび)
・薬疹(薬の副作用による皮疹)
・単純疱疹(ヘルペス)、帯状疱疹、伝染性軟属腫(水イボ)などウイルス感染症
・爪・足白癬(水虫)
・皮膚腫瘍(ほくろ、いぼ、他)
・脱毛症(男性型脱毛、円形脱毛症)
・巻き爪
・色素斑(シミなど)
・褥瘡(床ずれ)など

主な入院適応となる疾患

薬疹、中毒疹
ある日突然に皮膚に赤い斑点や水ぶくれができる病気です。薬やウィルスなど様々な原因で起こります。程度のひどいものは入院のうえ、安静・点滴が必要になります。
熱傷
いわゆる”やけど”です。程度のひどいものは入院のうえ、安静・点滴が必要になります。
帯状疱疹の重症例
症状のひどい帯状疱疹は安静のため入院となります。安静、抗ウイルス薬の点滴と痛みの治療が必要になります。
蜂窩織炎、壊死性筋膜炎等の
細菌感染症
動物咬傷など様々な原因で”ばい菌”が増殖するために皮膚に痛みや赤みができます。程度のひどいものは入院のうえ、安静・点滴、場合によっては外科的処置が必要なため入院となります。
アトピー性皮膚炎等の重症例
外来治療がうまく行かない皮膚疾患の患者様は、適切な治療法の指導を含め入院加療が必要となる場合があります。

主な手術(局所・全身麻酔)対象となる疾患

皮膚のできもの
皮膚の良性および悪性腫瘍:切除後に皮弁作成または植皮術
皮膚の傷
皮膚潰瘍、褥瘡
深いやけど(三度熱傷)
植皮術
傷によるつっぱり
皮膚の瘢痕拘縮
※その他、様々な病気の診断確定のため皮膚の一部を切り取る検査:皮膚生検も随時行っています。
※悪性腫瘍の手術は、病変の大きさや深さに応じて2回に分けて手術(2期的手術)を行うこともあります.

診療日

外来:月、火、水、木、金の午前午後
予約のあるなしにかかわらず受診可能です。基本的には予約の患者様から順番に診察させていただきます。 予約外の患者様は待ち時間がかかることがありますがご了承下さい。また急な手術・入院 などが入った場合には外来の待ち時間が長くなる可能性がありますのでご了承ください。

手術:
局所麻酔の手術(日帰り手術)の場合は手術予約日に受診、手術後帰宅して頂いております。通常、手術翌日の午前中は外来受診して頂き、傷の具合を診せて頂いております。
全身麻酔の手術の場合は入院が必要となります。
主に皮膚腫瘍に対し手術を行っております。当科では良性と悪性の区別がつきにくい"できもの"に対 してダーモスコープを用いた画像診断を行っております。以前は、切除して組織診断をしなければ ならない"できもの"、"シミ"、"ほくろ"もダーモスコープを用いることにより切る事なく高い精度の 診断が可能になりました。
”できもの”、”シミ”、”ほくろ”は良性の腫瘍でも放っておくと大きくなったり、炎症を起こしたり面 倒なことになることもあります。また「痛くもかゆくもないから放っておいた」ということをよく 聞きますが、皮膚の腫瘍は悪性・良性にかかわらず痛みなどないことが多いので注意が必要です. 気になるものがあれば早めにご相談ください。ダーモスコープによる検討後に、手術が必要かどう かについてご説明させて頂きます。小さいものについては外来手術で、少し大きなもの・術後の安 静が必要なものについては短期間の入院もお勤めしております。急ぎのものに対しては緊急で手術 をさせていただくこともあります。

薬剤について

現在使用している薬剤、または使用していた薬剤があればお持ちください(お薬手帳があればお薬 手帳をお持ちください)。現在の症伏が薬の副作用であると疑った場合には、どのような薬剤をい つからどのように使用していたか、などが重要になってきます。また外科的な処置(手術など)を 行う場合に、出血しやすい薬を使用している患者様にはそれなりの対処が必要です。また薬の相互 作用などから、現在使用中の薬と併用可能かどうかの判断にも必要になる場合があります。



診療科のご案内 当院の診療科について
ご案内いたします。
外来検査一覧 各科別の外来検査について
ご紹介します。
糖尿病教室 当院で行われている
糖尿病教室についてご説明します。
リンク集 当院に関連する企業様の
リンク集です。
Copy right(c) Kyorin hospital All Rights reserved. produced by arttech